身体が変われば不調も治る。冷えの改善、歪みの改善で自律神経失調症を克服しよう
自律神経失調症の改善法

自律神経失調症とは?

自律神経失調症

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることによって体にさまざまな不調や症状が起こることです。


自律神経失調症は、身体的ストレスや精神的ストレスなど、
内臓の病気が原因ではないため、自分でも気が付きにくい疾患です。


自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスをとり合って、さまざまなストレスから体を守る役割をしています。
交感神経は、活動する時に働く神経で、脳や体が動く日中に働いており、
逆に副交感神経は、睡眠時や休んでいる時に働く神経で、内臓の働きを活発にしています。

朝起きて夜眠るという一般的な生活をしていれば、交感神経と副交感神経はバランス良く働きますが、
夜更かしや生活習慣の乱れ、ストレスや更年期によってバランスを崩してしまうと、神経を乱す原因となります。

また自律神経失調症は、ホルモンバランスとも深い関わりがあるため、更年期なども原因となっています。
自律神経失調症は、さまざまな体の不調が現れても、病気や異常が発見されないことが多く、症状の強さも人によって違いがあります。

こんな症状はあてはまりませんか?

  • 赤ちゃんや子供の頃によく熱をだしたり風邪をひきやすかった
  • ストレスがある
  • 頭痛や目眩がする
  • 夜ぐっすり眠れない

自律神経失調症の症状は、身体的な症状と精神的な症状に大きくわけられます。

身体的な症状には、頭痛やめまい、肩こり、不眠や手足のしびれやほてり、下痢や便秘など人により症状の出方が異なります。
自律神経失調症の症状のひとつである頭痛は、特に側頭部にズキズキするような痛みが起こり、
首から頭全体が重く感じるような頭痛は、自律神経失調症の症状である疑いが高いようです。


自律神経失調症の代表的な症状である不眠は、眠りが浅く一晩に何度も目が覚めてしまうという症状があります。
きちんと睡眠出来ないことで寝不足が続くと、昼間の倦怠感を生むことになり症状を悪化させることにつながってしまいます。


自律神経失調症の精神的な症状には、イライラや不安感、集中力の低下や無気力になり、感情が不安定な状態になります。
日常のちょっとしたことでイライラしがちになったり、些細なことでクヨクヨ悩んだりするようになります。

また感情の起伏が激しくなり、漠然とした不安感を感じることが多くなるようです。
集中力がなくなり、物忘れがひどくなる人や何もやる気が起きないと意欲が低下する人もいます。
自律神経失調症は自分でもわかりにくい疾患なので、症状に当てはまるような方は、注意が必要です。

自律神経失調症の検査

治療院自律神経失調症は、年々増加傾向にありますが、医学的に解明されておらず、
日本でしか使用されていない病名で世界的には正式な病気として記載されているものではありません。

しかし自律神経失調症は、日本にだけある病気ではなく世界中で苦しんでいる人たちがたくさんいます。

自律神経失調症という病名は、曖昧な病名であることや原因を特定することが出来ないため、
日本でしか使用されていないようです。
ストレスやホルモンバランスなど要因も様々で病気として解明されていないので、検査方法にもはっきりとした決まりはありません。
自律神経失調症の検査は、他の病気がないかどうか調べることから始まります。

自律神経失調症と似たような病状の疾患が隠れていないか調べ、
他の病気が見つからなければ、うつ病やパニック障害などの神経疾患と診断されることが多くなります。

その中でもうつ病やパニック障害などの症状に当てはまらない場合は、自律神経失調症と診断されます。

自律神経失調症の検査は、他の病気が見つからない場合や症状などを判断して診断されます。
病院での検査と同時に、自分でも病気の特徴的な症状がないか確認することも大切です。
気が付きにくく見つけづらい病気なので、自分の体調を十分に理解しておくことが重要です。

うつ病やパニック障害など「病気」として名のつく場合はよいのですが、
原因がわからない場合、「病院」ではなく東洋医学を専門としている整骨院・接骨院・治療院に通われることをおすすめします。

鍼灸などを専門としている治療院は鍼灸で気の流れやバランスを調整してくれますし、
矯正を得意としている治療院では身体の歪みを整え、血流の流れをよくする調整をしてくれます。

自律神経失調症とホルモンバランス

出産自律神経失調症はホルモンとの関係が深く、男性よりも女性の発症率が高くなっています。
女性は生理や妊娠、出産など、ホルモンバランスを崩しやすい傾向にあるためで、
更年期障害は、自律神経失調症の症状と似ている部分が多くあります。

女性が自律神経失調症になりやすいのは、一生涯ホルモンと関わりあって生活をしているためで、
常にホルモンの影響を受けているからです。

自律神経をコントロールしている視床下部の近くに、ホルモンを分泌している脳下垂体があります。
視床下部は、脳下垂体のコントロールもしているため、
ホルモンバランスが崩れると自律神経に影響を及ぼし、自律神経のバランスが崩れるとホルモンに影響を与えてしまうのです。

また、妊娠・出産の時期以外にも
思春期や更年期の時期はホルモンの分泌が不安定な状態になり、自律神経失調症になりやすくなっていると言えます。
しかし解決法はいろいろありますのでストレスのせいにしないで、自分の力で積極的に良い方向へ向かっていって欲しいですね

アロマテラピーで改善

自律神経失調症とアロマテラピー自律神経失調症の自然治療のひとつにアロマテラピーがおすすめです。
アロマテラピーは、自律神経失調症を完全に治すことは出来ませんが、
気持ちを落ち着かせリラックス効果が高いため、用いられている治療法です。


頭痛や肩こりには、ペパーミントやラベンダーが効果的です。
ペパーミントは頭がモヤモヤした時にスーッとした心地よさを届けてくれます。
ラベンダーやリラックスしたいときにお勧めです。

不眠にはイライイラン、ベルガモット、ローズマリーなどが良いでしょう。
(ただしイランイランは好き嫌いがあるので、どこかでサンプルのニオイをかいで確かめてみたほうがよいかも)

不安感やイライラなどがある時には、ラベンダーが効果的で、ストレスには、ローズウッド、フランキンセンスがおすすめです。
自律神経失調症の症状に合わせて使うとよいですが、症状に効果的でも自分に合わない香りのオイルは使用しないようにしましょう。

アロマランプやアロマポット、アロマバス、アロマ湿布など楽しみ方もいろいろあります。
またオイルをブレンドさせて、自分だけのオイルを作ることも出来るので、楽しみながら治療を行うことが出来ます。

しかしアロマオイルは、肌に直接ふれると火傷のような症状を起こしたり、吐き気や頭痛を引き起こす危険もあります。
使用上の注意をみて安全な使用方法を心がけましょう。

温かいお湯に数滴たらして香りを楽しむのが一番安全で効果的です

お風呂で半身浴の際に、洗面器に数滴たらして近くにおいておくとよいですよ。

ヨガで自律神経失調症を改善

ヨガ自律神経失調症は、過度の疲れやストレスなどによって身体のバランスをコントロールしている
自律神経の働きが乱れることで起こります。

過度のストレスを自覚しているなら日常的にヨガや呼吸法を取り入れることをおすすめすます。
体の疲労やストレスを取り除き気持ちを落ち着かせる効果があります。

テレビや雑誌などでも話題を集めているヨガは、年々始める人が増えており、
スポーツ選手や国内外の女優の方がライフスタイルに取り入れています。
スポーツクラブなどでもヨガのクラスは大人気です。

ヨガは、通常の運動やトレーニングとは違い、ゆっくりとしたポーズと呼吸法が自律神経失調症の治療に効果があると言われています。
呼吸法で精神を安定させ、身体を正常な状態へと整えていく効果が高く、イメージトレーニングなどにも使用されています。
最近ではヨガのDVDやWIIFITなどを使って自宅でも行うことができますので、是非とりいれましょう。

ヨガは静かな場所で、5分から20分と少ない時間で行うことが出来ます。
自律神経失調症の治療として、毎日無理なく続けることができ、気持ちを落ちるかせることで、ストレスや疲れを取り除いていくことが出来るでしょう。

ヨガの種類もいろいろあるので、自分に合ったヨガを見つけて毎日の習慣にしていきましょう。

プロポリス・ローヤルゼリー

ローヤルゼリープロポリスは、自律神経失調症の改善に使用されています。
古くから使用されているミツバチが作りだす天然の物質で、
みつばちが外敵から巣を守るために作られているプロポリスは、いろいろな形で商品化され免疫効果の高い商品、強壮剤として使用されています。

ストレス緩和や血液浄化、抗酸化作用などがあると、注目されており、
天然物質の健康食品として自律神経失調症対策にも使用されています。

ただ、法外な金額で販売される場合もありますので、購入する際は安心できるお店で確かな商品を選びましょう。
安すぎてもダメ、高すぎても疑うべきでしょうね。

ローヤルゼリーもまた、自律神経失調症の予防や改善のために注目されています。

ローヤルゼリーは、女王蜂のエネルギー源となる物質で、働きバチが花粉から作るゼリー状の分泌物です。
ローヤルゼリーには、蜂蜜と比べることが出来ないくらいのビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素がたくさん含まれています。
また、視床下部の間脳の働きを活性化させる働きがあり、
自律神経調整作用、内分泌調整作用、免疫力調整作用、組織呼吸調整作用などがあります。

自律神経失調症の原因になる交感神経と副交感神経のスイッチが、
スムーズに切り替わるよう働きかける効果があり、その結果さまざまな症状を改善してくれます。
ローヤルゼリーには、副交感神経から放出されているアセチルコリンという成分を含んでおり、安静状態を促す役割を果たしていることもわかっています。

整体で自律神経失調症を改善

整体で自律神経失調症改善身体のプロ、東洋医学の知恵を使って自律神経失調症を改善します。

整体法は、骨盤や背骨などを整えることで、自律神経失調症の症状を和らげていこうというものです。

整体法には、呼吸改善法、内臓調整法、頭蓋骨矯正法、顎関節矯正法があります。
自律神経失調症になると、知らないうちに呼吸が浅くなってしまい、自律神経が乱れて症状を悪化させてしまいます。

呼吸改善法では、深い呼吸を行い、乱れた自律神経の働きを整えていきます。
また自律神経失調症になると、内臓も同じく動きが鈍くなります。

内臓調整法では、内臓を調整して、体を直す神経である副交感神経がきちんと働くように導いていきます。
自律神経失調症の主な原因はストレスと言われていますが、頭蓋骨がゆがむとストレスを感じやすくなります。

頭蓋骨矯正法は、パズルのような頭蓋骨の縫合部分のゆがみを直して、ストレスを軽減させる効果があります。
また顎関節矯正法では、頭蓋骨をゆがませる原因であるアゴを矯正し、自律神経失調症の改善をしていくものです。
自律神経の乱れは、整体で骨のゆがみを直すだけでも改善していくことが出来るようです。

矯正治療を得意とする治療院に通い、プロの指導を受けながら身体の歪みを整えていきましょう。
矯正治療が得意なおすすめ治療院↓

ツボ押し、鍼灸治療

鍼灸治療自律神経失調症の治療には、さまざまな方法があります。
薬物療法、心理療法、ヨガ、ツボ療法などを行い治療します。

自律神経失調症の治療に行われているツボ療法は、症状を和らげる効果が高いツボに鍼灸をすることで、
自律神経の働きを調整し、改善していくために行われます。また、このツボに鍼やお灸をすることで改善します。

症状に合ったツボに施術することで、自律神経失調症の症状として起こる、イライラや怒りなどを和らげる効果が高くなります。

曲池、神庭、労宮などは気持ちを落ち着かせる効果があるツボで、
天柱、風池、足の三里などは、気力を取り戻し無気力状態の改善に効果があるツボです。

自律神経失調症に効果的なツボのひとつである曲池は、腕を直角に曲げた時にひじの内側に出来るシワの先端部分にあります。

鍼は使い捨てのもので、感染などの心配がないよう配慮している治療院を選びましょう。
また、お灸も「怖い」と思われるかもしれませんが、最近では熱くないものや跡形の残らないものもありますので、
そうした灸治療を行う治療院を選びましょう。

イライラ予防のツボ神庭は、髪の生え際の少し上の方にあり顔の真ん中のライン上に位置しており、労宮は手のひらの中央に位置していています。
天柱は、首の後ろにある真ん中の筋肉の脇に位置しているツボで、風池は天柱から指1本分外側に位置しているツボです。

鍼灸治療おすすめ治療院

下関市 一の宮整骨院
堺市 中百舌鳥 ゆとり鍼灸治療院 整骨院
宝塚市 うすぐち接骨院
堺市 西区 みなみ鍼灸整骨院
太宰府市 かわしまはりきゅう整骨院
箕面市 まえいけ整骨院
心斎橋 あさひ整骨院
大阪市 あさひ整骨院 南院

また、鍼やお灸がどうしても怖いという場合、コスモテープといわれるテーピングをツボ位置にはることによって治してくれる治療院もあります。

福岡市城南区 東洋療法整骨院

TOP